ささやかで幸福なもの

「結局、ここまで来たけど俺達、何もしてねえな」
と男友達が笑います。
私もそれに合わせて頷き笑いました。

男友達が「ちょっと遠出のドライブに付き合ってくれないか?」と電話を掛けてきたその日の夜に私は彼と落ち合いました。
そしてドライブでかなり遠くの場所までやってきたのですが
したことといえば、適当な定職屋さんでご飯を食べたことと
こうして海の見える名前も良く分からない公園のベンチに座って話をしているだけでした。

それでも私はとても楽しいと感じていました。
もっと言うならば、こんなに楽しいと感じたのは久しぶりだなあ~とさえ思って居たのです。

ささやかだけれど幸福なもの。
ありきたりかも知れないけれど甘いもの。
そんな感覚でした。
それは、彼と一緒に居るから感じることなんだと気がついたのは、それから数ヶ月経ってのことでした。

彼に恋をしたのだと気がついた私。
その後も何度か彼の「行くあての無いドライブ」に付き合ったものの
以前よりは少し緊張感を持って私は助手席に座っていました。
そっと抱いていた恋心でしたので。

そんな気持ちを彼に伝えようと思ったのは、友人から教えてもらった電話占いで鑑定した後、
更に数ヶ月が過ぎてのことでした。

彼に気持ちを伝えた時、彼も直ぐ気持ちを返してくれてお付き合いをすることとなりました。
こんな素敵な恋愛ができたのは、友人のおかげだと思います。

エッチする?はNG

女性にはセフレがいますが、セフレに対して不満がありました。
それは過去に付き合ったセフレの多くがセックスをする時に「エッチする?」と聞いてくるのです。
セフレ関係ですから、セックスをする事自体がイヤなのではありません。
しかし「エッチする?」ではあまりに情緒がなさすぎますよね。
恋人とは違いセフレなんだから。エッチの雰囲気まで持っていって・・・・なんて流れは面倒。
さっさとセックスをしてしまいたい。
そんなふうに思っている男性が多いのかもしれません。
ですが女性にしてみたら、相手がセフレであっても、セックスに持ち込むまでの流れをもっと重視して欲しいのです。
その点今のセフレは合格です。
スペイン人のセフレなのですが、日本人とは違ってレディーファーストが根付いた文化です。
それに情熱の国ですから、女性を褒める言葉に全くの照れがありません。
もちろん男性は「エッチする?」なんて言葉からセックスを始める事なんてしません。
恋人同士のような、イチャイチャした雰囲気から上手にセックスを始めてくれます。
そのためセックスをしている瞬間は、愛されているような気持ちになるのです。
もちろん愛し合っているわけではなく、割り切ったセフレ関係なのですが、夢心地みたいな感じですかね。
当然女性としてはセフレからもそんなふうに扱われる事は正直嬉しいと思う人が多いでしょう。
日本人ももっと外国人男性のようにレディーファーストを身に着けて欲しいと思います。
その男性とは今後もセフレ関係を続ける予定ですが、もしセフレ関係が解消された後新しいセフレを作るとしても次も外国人男性を選んでしまいそうです。
セフレを探す時に必要なお金について
出会い系サイトやセフレサイトなどでセフレを探そうと思った時に、どれぐらいのお金が必要なのでしょうか。
「もしかしたら、かなりのお金が必要なのではないか?」、そう思ってしまう人もいるかもしれません。
ただ、実際は無料で利用できるサイトが非常に多いので、そういったサイトを利用すれば、少なくともサイト利用にかかるお金は一切ないわけです。
もちろん、お金に余裕があるなら有料のサイトを利用してもいいのですが、セフレを探すのであれば無料のサイトでも十分だと言えます。
むしろ、有料サイトは真面目な出会いを探す人が多く利用するため、セフレ目的にはあまり向いていないかもしれません。
むろん、サイトを利用するためには、パソコンか携帯電話が必要になるので、万が一持っていない人はそれらを用意しなければいけません。
しかし、今の時代はほとんどの人がパソコンか携帯のどちらかは持っているでしょうから、セフレのためだけに購入することはないはずです。
また、セフレを探す時にはお金はかかりませんが、実際にセフレと付き合い始めれば、少なからずお金はかかります。
ホテル代はもちろんですが、ホテルへ行くまでの移動費であったり、エッチをする時に使用する道具など、そういったところにもお金がかかります。
したがって、さすがに収入がほとんどない人にとっては、セフレを作るのは厳しいかもしれませんが、普通に働いている人なら全く問題なくセフレを作ることができます。
あるいは、学生やフリーターでもアルバイトである程度稼いでいれば、十分セフレと付き合うことはできるでしょう。
仕事関係者とセフレ関係に
ある女性のセフレ体験談です。
その女性は仕事関係者とセフレ関係になってしまいました。
同じ職場ではありませんが、取引先の相手です。
初めて会った瞬間に、何か感じるものがありました。
それは女性だけではなかったようで、相手の男性も彼女に対して感じるところがあったのでしょう。
上司も一緒に3人で食事をしている時に、上司の目を盗み、彼女にアプローチをしてきたのです。
その上司も気づいたようで、2人きりにさせたらいけないという使命感を持っていたようです。
ですが、結局女性と、取引先の男性はお互いに相手に対して、興味を持っているわけです。
上司が牽制したところで効果はなく、障害があった方が燃えるという感じになってしまいました。
やがて上司を抜きに2人で会うようになりました。
最初から相手の家にお邪魔するのは・・・・と誘いに対して断ったのですが、男性は強引でした。
そのためそのまま男性の家に行き、そして気づけばベッドの上で、男性とセックスをしている状態でした。
女性はセフレ関係になった事は後悔しているわけではありません。
ただ今はセフレ関係が良好な関係を築けているので問題はありませんが、そうではなくなった時にどうなるのか?
という不安はあります。
取引先の相手なので無下にする事は出来ません。
もちろん、パワハラをするような性格の人ではないと思いますが・・・・・。
どうしても仕事関係者とセフレ関係になると、仕事上の付き合いはセフレ解消後も続く事になります。
そのため気まずい思いはしたくないというのであれば、あまりセフレの相手を仕事関係者から選ぶというのはお勧めは出来ません。
セフレとセックスをする場所
これはある女性のセフレ体験談です。
その女性A子さんは、会社の同僚とセフレ関係にありました。
最初はセックスをする場所は、同僚の一人暮らしのマンションかラブホテルを利用していました。
まぁ、それはセックスをする場所として、一般的な場所だと言えるでしょう。
しかし何がきっかけかは忘れてしまいましたが、ある時会社でセックスがしたくなり、セックスをしてしまったのです。
他の同僚に見られるかもしれないと思うと、2人ともすごく興奮しました。
自宅やラブホテルなんて比じゃありません。
それ以降、セフレとのセックスをする場所は会社限定になってしまいました。
会社のトイレや会議室など、あらゆるところでセックスをしました。
もちろん残業の時もありましたが、勤務時間中にしてしまう事もありました。
いけない事だと分かっていますが、だからこそ、興奮し欲望を抑える事が出来ませんでした。
そして、その結果、他の同僚にセフレ関係が気付かれてしまったのです。
会社で勤務時間中にサボってセックスをしていたという事がバレてしまったので、当然2人とも会社をクビになりました。
セフレ関係だけなら、お互いに独身だったので、不倫ほどダメージにはならなかったのかもしれません。
しかしセックスをした場所が問題でした。
いくら興奮したとはいえ、1度キリで止めておけばよかったと今は後悔をしています。
今後セフレを作る事があっても、同じ会社の人は選ばず、そしてセックスをする場所も会社では絶対にしないと肝に銘じています。
セフレ関係はあくまで、日常に支障が出ない関係でないといけません。
その事を忘れてしまうとA子さんのように、日常が壊れてしまう可能性があります。
4年間のセフレ関係
これはある女性のセフレ体験談です。
D子さんには付き合って4年になるセフレがいます。
短期間の付き合いが多いセフレ関係の中では、4年はかなり長い付き合いだと言えるでしょう。
長く付き合える理由は、心も通じ合っているからだとD子さんは思っています。
心も通じ合っているといってもお互いに恋愛感情を相手に持っているわけではありません。
しかし相手が困っていたら、助けてあげたいと思う気持ちはありますし、親しい友人という位置づけに近いのかもしれません。
セックスはホテルではなく、いつも男性の部屋でしています。
お互いにフリーで、男性は1人暮らしをしているので、特に問題はありません。
セックスの内容に関しては、D子さんは男性に征服されるようなセックスが好きです。
相手の男性もそれを理解しているので、征服欲を示すような、拘束する体位を好んでセックスをします。
先日は駅弁スタイルのセックスをしました。
ちょっと体位的に苦しいと感じる部分もありましたが、その圧迫感もクセになりそうな感じです。
お互いに、探求心が旺盛な性格のせいか、比較的セックスの体位などいろいろ変えてセックスをします。
そのせいもあって、4年もセフレ関係を続けていても、セックスでマンネリ化しないのかもしれません。
今後もこのまま穏やかなセフレ関係が続けばいいと思っています。
不特定多数の相手とセックスをするよりも、1人の相手といろんなセックスを試す方が個人的には気持ちよくなれると思います。
それにセフレを作るリスクも、1人の相手と長く付き合う方がずっとリスクオフになるはずです。

無料サイトでチャンスをつかもう

無料サイトと有料サイトを考えてみましょう。まず私は無料サイトだからといって違いをあまり感じませんでした。有料サイトと無料サイトが存在しているということで当然有料サイトの方が利点がなければなりません。

でも、出会い系サイトに関しては、種類の違いと考えています。でも、無料でもシステムも有料と変わらないですし、何の問題もないと思います。

だからこそ無料サイトを選択する人がこんなに多いのだと思います。ただ、違いとしては登録している人の目的が違うということはあるようです。

つまり、有料サイトの場合はその目的ごとに特化しているのです。ですから、同じ目的を持った人と出会える可能性が高いということです。

無料サイトでは逆に目的が同じ人たちではないのです。いろいろな目的を持っている人たちが集まっているわけですので、目的が絞られている人にとっては、面倒な面もあるかも知れません。でも、目的を絞っていない人にとってはいろいろな出会いが楽しめるという利点もあります。

自分がどちら向きなのかということがとても大切になってきますね。どんなに良いサイトでも自分に合ってなければそれは良いサイトではないことなのです。

目的を達成するためにはどういうサイトがいいかということを考えましょう。

無料サイトは膨大は会員数がいるということで、本当にさまざまな人たちがいるので、それが自分にとって利点か難点かということになるのではないでしょうか。